ナンちゃんが駈ける!
nanchan521.exblog.jp

  尾鷲市議会議員    南靖久の未来への扉
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
一期一会
今日は、尾鷲市議会議員 南 靖久です・・・
 このブログは、わたくしの活動を記していくことや日々の出来事、或いは気づいたことを綴る雑記帳です。
 タイトルにあるように、人と人の出会いを大事にし、温かみのある施策でのまちづくりを目指します。
 まちのあちこちで出会うように、気軽にブロクの中へお越し下さい。

訪問者数

アクセスカウンター
Today:

Yesterday:



☆にほんブログ村「三重情報」「議員(政治家)」ランキングは、
下のバナーをクリック!!☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキング にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)ランキングへ

ブログ&h/p案内版

尾鷲へようこそ
尾鷲市長の「三日に一魚」

尾鷲市議会情報

【尾鷲市議会議員
        のブログ】
三鬼和昭の“日々是好日”
三鬼和昭の『続・日々是好日』
神保美也の一言半句
北村みっちゃんの奮闘日記
端無徹也の温故知新
まろすけ(大川真清)の徒然日記

まちの種(東紀州地域)

三重県の政治家

【三重県議会議員
        のブログ】
東 豊 公式ブログ 『東紀州を豊にする会』
東紀州!津村まもる活動日記

尾鷲市民文化会館
尾鷲市立天文科学館
尾鷲市/イベント情報

夢古道おわせ
夢古道の湯風呂ぐっ♪

尾鷲づくし
尾鷲ぐるりうまっぷる
尾鷲港ライブ映像

熊野古道センタ-

本木周一の25時間目

お気に入りブログ
最新のコメント
お二人ともに元気で頑張っ..
by nanchan521 at 09:01
尾鷲市に馴染みの両副市長..
by 高齢者代表 at 17:59
吉川さんの紀州地域に対す..
by nanchan521 at 06:20
吉川先生の紀州地域に対す..
by nanchan521 at 06:14
そうですね。吉川ゆうみさ..
by 高齢者代表 at 13:43
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
子ども手当 支給日
from 強い円は日本の国益 …って
おわせ陶の会の『作陶展』..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
熊野古道 二木島峠道、逢..
from たもつの『趣味悠々』
三重県尾鷲市の「塩けんぴ..
from 三重県活性化を考えている東京..
『おわせ港まつり』のフィ..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
水素供給(千代田化工建設kk)を訪問
政務調査2日目は、平成25年4月から水素を製造する実証プラントが稼働している、千代田化工建設株式会社を訪問して中田真一博士から、水素社会の実現に向けて会社の取り組みや国の方針について説明を受けました。
f0133861_13371352.jpg
千代田化工建設で稼働している水素化反応セクションと脱水素反応セクション実証プラント。(上記写真)
水素は、水を電気分解すれば得られ、燃やせば電気を発生して水になる無公害の究極エネルギーとして認知されていたが、まだまだ分解・合成する技術が確立されておらず、その利活用も研究途上にある。
日本では、次世代のエネルギーとして国家プロジェクトの研究が推進されており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを、水素エネルギー利用元年とする目標を掲げている。
f0133861_1353096.jpg
そんな中、千代田化工建設は「SPERA触媒」という、プラチナのナノ粒子による脱水素触媒の開発に開発に世界で初めて成功し「SPERA水素」なるものを開発した。
その原理は、トルエンに触媒を用いて水素を固定化し、メチルシクロヘキサンという溶液にし、利用するときに再び水素を取り出してトルエンにするもので、この「SPERA水素(MCH)」は、常温・常圧で取り扱うことができ、この技術により貯蔵や輸送の難しかった水素を、超低温で液化したり、ボンベで圧縮することなく、低コストの輸送や貯蔵が可能になった。
f0133861_1413632.jpg
具体的には、海外の天然ガス産出国、石油産出国で大量に生まれる副生水素を、水素プラントでトルエンに固定化し、気体の水素液体化(MCH)して日本に輸送。そのMCHを、日本で再び水素とトルエンに分解して、水素はその場で利用しトルエンはMCHのために再々使用する。
f0133861_14121780.jpg
日本においては、水の電気分解から水素を得る技術は旭化成が、水素を燃焼して電気を発生させる技術は京セラがトップランナーとして推進しているという。
水素の利用については、電力用としては石炭や天然ガス等と混焼燃料としての利用、都市ガス用・工業用は、アンモニアの製造や窒素の固定化、交通用としては、燃料電池車(トヨタのミライ)や家庭用としても幅広い利用が考えられている。
2030年目途の、国の燃料電池車の普及予定台数は200万台予定している

次世代の燃料・水素社会の実現は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で、世界的にも一気に広がりそうです。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-02-24 14:30 | ナンチャンの活動記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nanchan521.exblog.jp/tb/24987440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。