ナンちゃんが駈ける!
nanchan521.exblog.jp

  尾鷲市議会議員    南靖久の未来への扉
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
一期一会
今日は、尾鷲市議会議員 南 靖久です・・・
 このブログは、わたくしの活動を記していくことや日々の出来事、或いは気づいたことを綴る雑記帳です。
 タイトルにあるように、人と人の出会いを大事にし、温かみのある施策でのまちづくりを目指します。
 まちのあちこちで出会うように、気軽にブロクの中へお越し下さい。

訪問者数

アクセスカウンター
Today:

Yesterday:



☆にほんブログ村「三重情報」「議員(政治家)」ランキングは、
下のバナーをクリック!!☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキング にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)ランキングへ

ブログ&h/p案内版

尾鷲へようこそ
尾鷲市長の「三日に一魚」

尾鷲市議会情報

【尾鷲市議会議員
        のブログ】
三鬼和昭の“日々是好日”
三鬼和昭の『続・日々是好日』
神保美也の一言半句
北村みっちゃんの奮闘日記
端無徹也の温故知新
まろすけ(大川真清)の徒然日記

まちの種(東紀州地域)

三重県の政治家

【三重県議会議員
        のブログ】
東 豊 公式ブログ 『東紀州を豊にする会』
東紀州!津村まもる活動日記

尾鷲市民文化会館
尾鷲市立天文科学館
尾鷲市/イベント情報

夢古道おわせ
夢古道の湯風呂ぐっ♪

尾鷲づくし
尾鷲ぐるりうまっぷる
尾鷲港ライブ映像

熊野古道センタ-

本木周一の25時間目

お気に入りブログ
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
子ども手当 支給日
from 強い円は日本の国益 …って
おわせ陶の会の『作陶展』..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
熊野古道 二木島峠道、逢..
from たもつの『趣味悠々』
三重県尾鷲市の「塩けんぴ..
from 三重県活性化を考えている東京..
『おわせ港まつり』のフィ..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
松阪市議会の議会改革を政務調査
5月24日、三鬼孝之議員、田中勲議員、小川公明議員と私の4人で、松阪市議会にて議会改革の経緯と課題等について政務調査を行いました。
松阪市は平成17年1月に松阪市、嬉野町、三雲町、飯南町、飯高町の1市4町が合併し新「松阪市」が人口168.974人でスタートし、現在の人口は合併当時と比較すると5000人ほど減少しています。また議員定数は現在28人です。
f0133861_18332547.jpg
お忙しい中を川口保松阪市議会副議長、田中力議会改革特別委員長そして昨年、補欠市議選で自民党公認で出馬当選した米倉芳周議員、議会事務局から前出和也主幹に同席頂いて主に田中議会改革特別委員長らり、松阪市議会改革の取り組みと課題について説明頂きました。

最近、全国の議会では議会基本条例を制定し、市民から信頼支持される議会活動に一丸となって取り組んでいることは、松阪市議会において尾鷲市議会においても共通するところです。議会改革の先進地・松阪市議会では、平成22年に議会改革検討委員会に始まり、平成23年3月には議会改革特別委員会を設置して各市市議会を視察等を行い、同市の「基本理念・基本方向」策定し、素案に対する市民からの意見を踏まえ平成24年10月に「松阪市議会基本条例」制定しています。
(参考までに尾鷲市議会は、平成25年3月に議会基本条例を制定しています。)

基本条例に条文化している「議会報告会」の位置づけは、市議会は、議会活動に対して定期的に報告等を行う場を設け、情報提供及び情報共有に努めなければならないと定め、予算編成の4月と決算の10月の年2回議会報告会を、4班7議員づつに分けて12か所行っています。1会場には20人~30人の市民が参加しいるようですが、尾鷲市議会同様に報告会に参加していただく方々には高齢者が多く、若い世代の参加を求めるためにも今後は、高校生を対象にした報告会も考えなくてはならないだろうと田中委員長が話し、報告会の幅広い市民参加を求めるためにも一考が必要なことは、尾鷲市議会も共通する課題だとあらためて認識しました。
f0133861_2061394.jpg
写真のように、]議会改革に対する資料を沢山いただきました。

一般質問においては、尾鷲市議会では一問一答方式を基本にしていますが、松阪市議会では、総括方式、一問一答方式、分割方式と一回目の質問は選択制をとり、二回目からは一問一答方式も認められているようです。

市長の諮問機関である審議会の参加は、法令で定めのある(都市計画審議会)を除き辞退しています。尾鷲市議会でも、大半の市長の諮問機関や審議会等は現在辞退しています。

市民との連携として、市民からの請願及び陳情については政策提案として受け止めて、審査に当たり提出者の市民から説明の機会の確保に努めています。(現実的には議会で説明する提出者は少ないようです。)

反問権及び反論権については、前山中市長と対峙していた市議会では、市長等は議長または委員長の許可を得て、議員の質問に対して論点を明確にするため「反問」することができ、議員及び委員会による条例の提案、議案の修正、決議等に対して「反論」することができる。(山中市長在職中は松阪競輪場問題と図書館PFIで、市長と教育長が3回反論権を行使したそうで、議会と対峙市政を明確にしていた山中市長だけに反論権行使が意外に少ない感じがしました。

最後に、松阪市では議員間討議による合意形成を重要視していることから、議会が言論の府であることを認識し、議員相互の自由な討議を中心に運営して、議案の審議・審査に当たり結論を出す場合にあたっては、議員相互の議論を尽くすよう努めるものとして活発な議論展開をしているとの説明でした。
尾鷲市議会としても、松阪市同様に議会基本条例を基本に、二限代表制の議会として市民の皆様と常に情報を共有し、市民福祉の向上を目指し活発な議会活動を展開すべきだと思います。

松阪市議会の皆さま有難うございました。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-05-30 20:00 | ナンチャンの活動記