ナンちゃんが駈ける!
nanchan521.exblog.jp

  尾鷲市議会議員    南靖久の未来への扉
カテゴリ
一期一会
今日は、尾鷲市議会議員 南 靖久です・・・
 このブログは、わたくしの活動を記していくことや日々の出来事、或いは気づいたことを綴る雑記帳です。
 タイトルにあるように、人と人の出会いを大事にし、温かみのある施策でのまちづくりを目指します。
 まちのあちこちで出会うように、気軽にブロクの中へお越し下さい。

訪問者数

アクセスカウンター
Today:

Yesterday:



☆にほんブログ村「三重情報」「議員(政治家)」ランキングは、
下のバナーをクリック!!☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 三重情報ランキング にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)ランキングへ

ブログ&h/p案内版

尾鷲へようこそ
尾鷲市長の「三日に一魚」

尾鷲市議会情報

【尾鷲市議会議員
        のブログ】
三鬼和昭の“日々是好日”
三鬼和昭の『続・日々是好日』
神保美也の一言半句
北村みっちゃんの奮闘日記
端無徹也の温故知新
まろすけ(大川真清)の徒然日記

まちの種(東紀州地域)

三重県の政治家

【三重県議会議員
        のブログ】
東 豊 公式ブログ 『東紀州を豊にする会』
東紀州!津村まもる活動日記

尾鷲市民文化会館
尾鷲市立天文科学館
尾鷲市/イベント情報

夢古道おわせ
夢古道の湯風呂ぐっ♪

尾鷲づくし
尾鷲ぐるりうまっぷる
尾鷲港ライブ映像

熊野古道センタ-

本木周一の25時間目

お気に入りブログ
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
子ども手当 支給日
from 強い円は日本の国益 …って
おわせ陶の会の『作陶展』..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
熊野古道 二木島峠道、逢..
from たもつの『趣味悠々』
三重県尾鷲市の「塩けんぴ..
from 三重県活性化を考えている東京..
『おわせ港まつり』のフィ..
from 三鬼和昭の“日々是好日”
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
大助・花子師匠の防災トークが開かれました
27日、九鬼漁村センターで夫婦漫才で有名な、大助・花子師匠らによる防災トークが大勢の市民を集め行われました。
f0133861_16492563.jpg
トークでは大助師匠が、防災に対する熱い思いを真剣なまなざしで語っていました。
f0133861_16512731.jpg
防災トークには田崎祐一(九鬼区長)も参加して、過去の地震津波に関する体験談等を話していました。
f0133861_16534956.jpg
最後で、花子師匠が音頭を取り防災に対する心構えと思い「備えあれば憂いなし、家族全員の無事と近隣全員の無事」を、全員で唱えて約90分の防災トークを終えました。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-28 16:59 | ナンチャンの活動記
議員有志で清掃活動を行いました
平成27年6月議会、議員発議で制定した「尾鷲市おもてなし条例」の施行に伴い議員有志で始めた清掃活動も3年目に入り、今回は8月6日に行われる「おわせ港まつり」前に、いつもの国道42号線坂場交差点に設置されている尾鷲市PR塔と、同じく国道42号線賀田口付近の尾鷲市PR塔の清掃活動(草刈り)を行いました。
f0133861_191836100.jpg
坂場交差点のPR塔では、今年の5月の連休前に清掃活動を行ってから2ケ月で随分草が茂っていました。
真井議長、榎本議員、小川議員が草刈機を持参して刈り上げてくれるので、坂場交差点の作業は約1時間余りで完了しました。
他にも、三鬼和昭議員、濱中副議長、高村議員や、前回に引き続き下村新吾総務課長も作業に参加していただきました。
f0133861_19242374.jpg
次に、賀田口のPR塔に移動し3台の草刈機パワー全開で約300坪の広を1時間かけて刈り上げました。
f0133861_19285574.jpg
f0133861_19291411.jpg
この場所には、ひやくなげも植えられており毎年4月の中旬ころには花が見頃です。
f0133861_19311747.jpg
3人の草刈り議員が大活躍でした。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-27 19:32 | ナンチャンの活動記
中部電力の津波救命艇を視察しました
25日、総務産業常任委員会(榎本隆吉委員長)一行が、尾鷲三田火力発電所(倉見秀男所長)を訪問し、発電所内で津波救命艇の海洋説明を受けました。
f0133861_1085187.jpg
倉見所長から概要説明を受けたのちに、石油荷役桟橋の現場を大曾根漁港から船で桟橋へ向かいました。
f0133861_10135414.jpg
津波救命艇は、石油桟橋で荷役作業を行う作業員が津波に襲われたときに避難する為に設置されたものです。
f0133861_10164910.jpg
長さ9.5m、幅3.5、高さ3m、重量・満載時6.8t、25人乗り艇内で7日間の避難生活が可能(自力走行無)
f0133861_10204532.jpg
艇内は思った以上に広く感じ、中には医薬品を始め簡易トイレも設置され水食糧も7日分搭載されています。
f0133861_10231920.jpg
まさに、「備えあれば憂いなし」防災対策にはやりすぎとのことは絶対にないので、あらゆる分野での被害を想定した事前復興対策を講じるべきだと考えます。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-26 10:26 | ナンチャンの活動記
尾鷲市の防災を考える(その3)
平成7年7月に「みなみ会報15号」に投稿していただいた、新宮市在中の浜野耕一郎氏(医師)の「尾鷲市の防災を考える」その3を、紹介させていただきます。
f0133861_11163073.jpg
昭和36年8月竣工の尾鷲市庁舎で、市内で最も危険度が高い建物と言われています。早い時期の対応対策が求められている庁舎です。

親から子・子から孫へ 最近賀田公民館で小学生を対象とした東南海地震津波の体験発表が行われている。大変重要なことであり今後も行ってほしい。しかし平成4年に尾鷲市教育委員会編集の小学校用の副読本(わたしたちの尾鷲市)には、火事や水害に対する記述はあっても必ず来る大地震津波の記載はないので、是非地震津波の事も入れて頂いて教育現場からも警鐘してほしいと思っている。

 戦前の教科書には紀州広川村(現和歌山県広川町)で、安政の津波から村人を守った「稲ふらの火」という有名な文書が載っており津波の恐ろしさを全国に教えたものである。熊野灘沿岸の地震津波については大王町から串本町までの各市町村史に詳しく書かれている。また熊野灘沿岸の小学校の百年史の中にも必ず記載していて、それだけ重大で忘れてはいけない災害である。

12月7日を防災の日に
 私は何年も前から東南海地震津波があった12月7日を「尾鷲市の防災の日」に指定してほしいと思っている。
 地震があった13時35分にサイレンを鳴らし市民全員に51年前の大災害に対する認識を深めると同時に、この日に関係機関全体が防災訓練を行い、さらに夜には防災に対する講演会を行ってほしいと思っています。
 阪神淡路大震災では兵庫県の防災システムが全く役立たなかったし、全くなすすべがなかった。防災対策は十分すぎるいうことはない。

必ず来る熊野灘大地震・大津波
 防災計画は大事なことであるけれど大災害の時には思いもよらぬことが起こり、それがさらに被害を大きくする。必ず来る熊野灘を震源とする大地震津波に対して、考えられる限りの対策立てるべく過去の地震津波を今一度詳細に検証し報告書を出すことも必要である。また小学生を始めとする若い人たちにに地震津波の事を知ってもらうことも重要です。
 市民の生命と財産を守ることを主にした機関がダイヤルQ2問題や、種々の問題を起こしている様では心もとない。
 関係機関には地震津波に対する対策を、ぜひともお願いした。  (完結)

※現在、浜野先生は新宮市役所近くで、二人の娘さん(医師)と共に浜野泌尿器科・皮膚科を仲良く営んでいます。 

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-23 11:55 | ナンチャンの「一言」
刺身トウガラシ「虎の尾」が販売中です
夏場の尾鷲の旬味・刺身トウガラシ「虎の尾」が、地元スパー主婦の店グループで販売しています。
f0133861_1551275.jpg
尾鷲市内の瀬木山店では、野菜コナーではなく刺身コナーに置かれています。
f0133861_15525123.jpg
辛さも増し刺身の薬味は勿論のこと、冷やっこ、そうめんにも最適な薬味で美味しいと思います。一袋198円で販売してています。

にほんブログ村 三重情
報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから
 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-20 15:54 | ナンちゃんからお知らせ
平成27年の熊野古道来訪者数
熊野古道が世界遺産に登録され12周年が経過した。また、7月18日にトルコ・イスタンブールで開かれたユネスコ会議にて、東京都の西洋美術館が国内で20番目の世界文化遺産に登録されました。
f0133861_1526534.jpg
写真は、八鬼山越えルートの矢濱登り口です。
尾鷲市内には馬越峠、八鬼山越え、三木峠・羽後峠、曽根次郎坂・太郎坂の4ケ所の熊野古道があり、また、県内の熊野古道は紀北町のツヅラト峠~通り峠まで17ケ所の熊野古道が世界遺産に登録されています。

平成27年の熊野古道来訪者数(推計値)は、325.262人となり、前年度と比べて76.436人(18%)の減となった。主な減少要因は、平成26年の熊野古道登録10周年記念イベントの終了や、旅行会社主催のツアーが減少したことが考えられる。

峠別にみると、昨年度大幅に増加した国道311号線沿いの曽根太郎坂・次郎坂、二木島峠・逢神坂峠、波田須の道、大吹峠、観音道が大きく減少している。一方で松本峠、風伝峠、通り峠、浜街道・花の巌は増加している。
なお、熊野古道世界遺産登録10周年の前年である、平成25年と比べると43.936人増加している。
f0133861_15455011.jpg
登り口に、自動観測装置が設置されている八鬼山越え。

尾鷲市内4ケ所の平成17年の熊野古道来訪者数( )は前年度
1.馬越峠47.758(57.168) 2.八鬼山越え3.545(13.339) 3.三木峠・羽後峠5.413(10.968) 4.曽根太郎坂・次郎坂3.277(13.226)  浜街道・ 花の巌161.385(134.041)

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-20 15:48 | 熊野古道だより
尾鷲市の防災を考える(その2)
平成7年7月「みなみ会報15号」、新宮市在中・浜野耕一郎(医師)の投稿を紹介します。
f0133861_10162571.jpg
この写真は、和歌山県すさみ町の駅前に設置されている津波避難タワーです。

 市の防災計画は、ここで尾鷲市の防災計画を見てみると、昭和61年尾鷲市総合計画で今後10年間に対する市の取り組みが発表され、その後、平成3年に尾鷲市総合計画、後期基本計画(H3年~H7年)までの5ケ年が策定されたが、その中で、特に地震津波に関する考えは各2ページづつにとどまり、前記2つの総合計画と比較すると、後期基本計画では災害対策本部の機構が21部から23部に変わっているくらいである。
 尾鷲市地域防災計画(平成6年7月修正版)では、尾鷲市に起こりうる、あらゆる災害に対しての防災計画があるが地震津波対策計画としては僅か2ページしかない。

 阪神淡路大震災を教訓に、阪神淡路大震災(平成7年1月7日)で証明されたようにライフラインの切断、尾鷲市のライフラインとして水道電気、電話、道路、鉄道港湾が破壊されたときには、東南海地震津波で錦町(大紀町)が孤立した状態が起こりうる。国や県が尾鷲を助けようにも熊野灘沿岸の市町すべてが、同じような状態であるから何とも致しがたい。

 各地の出版物
、地震津波に対する対する各地域の取り組みは、まちまちである。各地の出版物を見てみると紀勢町(大紀町)では「東南海地震津波より45年」熊野市でも「新鹿の津波」という立派な記録集が出されている。民間では、鳥羽市の海の博物館からは「三重県の漁村災害史の研究」全3巻、津市在住の関口精一氏の「熊野灘大津波」「南輪内震災記録会」、倉本為一郎氏の「昭和地震誌」、熊野市歴史同好会「東南海地震津波の記録」らが出版されており、最近では海山町郷土資料館から体験談話集がでている。そのいずれもが地震津波の警鐘を行っている。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-19 11:00 | ナンチャンの「一言」
尾鷲市の防災を考える(その1)
平成7年7月に発行した「みなみ会報」15号に、防災対策について投稿していただいた新宮市在中・浜野耕一郎さん(医師)の投稿文を紹介させていただきます。
f0133861_7441066.jpg
尾鷲市の防災を考える

 阪神淡路大震災の後、全国的に防災意識が高まっている。当尾鷲地域でも市役所・市議会の中で地震津波に対する防災に新たに取り組む鵜としている。市、県、民間の各関係機関が一丸となって立派な地震津波に対する防災計画を策定してほしいと思います。
 昭和19年12月7日の東南海地震津波があってから早50年、京都大学防災研究所(平成5年1月1日付の朝日新聞)によると熊野灘の南海トラフで起こるプレートで発生する海溝型の大地震は110年~140年の間隔で起こっているが、安政の大地震津波から東南海地震津波(1944年)まで90年しかたっていない。
 この感覚が短い分だけ次に来る自身は早くなり、またエネルギーも出し切っていないから当然自身の規模が大きくなる。だから、そろそろ警戒が必要であると締めくくっている。

過去の大地震津波

 有史以前から熊野灘沿岸は何回もの大地震津波に襲われている。この500年の間に明応(1498年)、宝永、安政、東南海及び南海道と5回の大地震津波が起こっている。また明治32年には尾鷲市の八幡峠付近を震源とした、内陸型の紀伊大和地震や昭和35年のチリ津波らにより尾鷲を中心とする熊野灘沿岸は多大な被害を受けている。
 今後数十年の間に必ず大地震津波がくる。尾鷲市の市街地は年々拡大整備され、道路、上下水道、港湾、学校等の社会的資産もこの50年の間に戦前とは比較にならないほど蓄積されている。

尾鷲の各港は

 尾鷲市には重要商工業港(重要港湾)、開港(貿易港)としての尾鷲港を始め、第3種漁港以下の小規模港が数多くある。
 これらの港は、すべいの渚をどんどん海に向かって埋め立て、この30年の間に各港は大変立派になっているが、阪神淡路大震災の神戸港を見るまでもなく熊野灘に大地震津波が起きれば尾鷲の各港は大被害を受けることは火を見るより明らかである。

過去の被害は

 旧尾鷲町内の津波は宝永の津波の時には北川流域は宮ノ上小学校まで、中川は大滝の下まで、矢ノ川は国道42号線沿いまで、市街地は尾鷲小学校まで来ている。宝永の津波の尾鷲浦5ケ所の被害状況が馬越の「三界万霊」その他に記載されており、流死者千人余り流失家屋6百余りと書かれている。当時の尾鷲の人口は5千人前後であることから想像を絶する被害である。



にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-18 08:22 | ナンチャンの活動記
絶好のキス釣り日和
熊野古道センター近くの弁財島海岸で、地元の村島秀樹さんが弁財島に渡って趣味のキス釣りを楽しんでいました。
f0133861_9142431.jpg
弁財海岸には大小3つの島があり、真ん中の島は弁財(べざいさん)と地元の人は呼び、地元の子供帯は昔から磯遊びをしていた場所の一つでした。
島に渡るには、大潮と中潮の干潮時を見計らって魚釣りや潮干狩りを楽しんでいます。今日は、暑い日差しもなく絶好の潮時と気候が重なってキス釣りには最高の日となり、良い釣果も期待できそうです。
f0133861_9222979.jpg
私が磯に着いた時に、時を同じくして村嶋さんが約20cmのキスを釣り上げたところでした。
f0133861_9241322.jpg
弁財海岸では、キスの他にもカサゴ、ベラ等が釣れます。

赤い鳥居のある島の頂上には、弁財天を祀ってる祠があります。地元の方は旧の3月3日に毎年弁財天の例祭を行い、海の安全をお祈りしています。また、弁財天に幼い子供がお参りすると美人になる口伝されていますむ。

にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-17 09:25 | ナンちゃんの東紀州百景
賀田・自主防災組織が災害避難訓練
12日、尾鷲市賀田地区内の自主防災組織(ひまわりの会)15人が、巨大地震・津波を想定した訓練を行い、真井紀夫市議会議長を始め多くの議員も訓練を見学しました。
訓練は、同地区住民は津波が遡上する古川沿線で暮らす人たちなので、リヤカーを利用した高台移動や炊き出し、それに避難した高台で消防署員からADE指導も受けていました。
f0133861_11504428.jpg
昭和19年12月7日午後1時36分に発生した東南海地震での現尾鷲市内の被害は、死者・旧尾鷲町内38人、九鬼4人、南輪内(三木浦~梶賀)23人、流失家屋・尾鷲531、須賀利14、九鬼57、輪内216の甚大な被害を受けています。
f0133861_11584286.jpg
賀田地区の津波予測高は14mとされているため、古川沿線の方々は素早く高台に避難することが命を守る手段なので、常日頃の訓練が大切との認識で一致しているそうです。
f0133861_1221218.jpg
自分たちで作った避難場所(海抜28m)には、飲み水を貯めたタンクも置いたり、防災倉庫も設置していました。もしもの時の対応は、日ごろ行っている以上の行動は出来ないと言われているので、いかに常日頃の訓練が大切だと痛感いたしました。

追記
資料を整理していたら、私が発行していた「みなみ会報15号」に投稿していただいた、新宮して病院を開業している浜野耕一郎氏の「尾鷲の防災を考える」平成7年7月7日発行の会報が出てきました。
f0133861_1283120.jpg
浜野先生の投稿文については、後日詳しく当ブログにて紹介させていただきます。


にほんブログ村 三重情報(尾鷲発のブログもたくさん参加中)は、ここから 063.gif
にほんブログ村 政治家(全国の市区町村議員ブログ)は、ここから 040.gif

地域のための議員ブログ集約サイト『まちの種』は、ここから・・・064.gif
[PR]
by nanchan521 | 2016-07-13 12:13 | ナンチャンの活動記